Send a message Send a message

aoku_aruku's novels

recent pages RSS

いつかぜんぶ話せますように。
いつかぜんぶ話せますように。
そう思い続けて、願い続けて、もうずいぶん長い時間が経ってしまったけれど。
笑い話にできますように。
そしてできれば、いつかこの難題自体に感謝もできますように。
この闇が晴れたらどんな景色が見えるのか。
この7年間ずっと見たかったものを見つけに行こうと思う。

まだあと数ヶ月はかかるかもしれない。
それでもこれまでの7年と比べれば、そして立ち向かうことをしなかったときのこの先一生を思えば、それはまるで一瞬と同じだ。
そしてぜんぶ終わったときにはきっと、僕はやっと大人になれているんだろう。
子供の頃から大嫌いで仕方のなかった大人にではなく、絶対にならないと誓った大人にではなく。
自分の信念で動き、考え、それをちゃんと形にできる、そんな大きな人に。
aoku_aruku 6 page of 日記.2
もうすぐ新しい年が始まる。
僕にとっては本当の意味で新しい、真新しい年になるだろう。
限界が来て良かったと思う。
自分が自分で思うよりもずっと弱くて、ずるい人間だったと認めることができて良かったと思う。
そのおかげで戦う覚悟ができた。
格好をつけてこれを戦いだったと呼ぶことができるのも、ぜんぶ終わってからになるけれど。

それまでは誰にも言えない戦いを続けよう。
言葉にも絵にもなれない戦いを続けよう。
あの頃の神クズのように、アサガヲのように、まと嶋のように。
江西のように、夢見のように。
馬鹿みたいに苦しくて不条理でどうしようもなく打ちのめされそうになるような難題でも、たとえ今までずっと圧倒的に負け続けていたとしても。
文字通りそれに立ち向かうことが命懸けであったとしても。
その価値は間違いなくある。
ただ今はこういうとりとめもなく、まとまりもなく、曖昧で思わせぶりで軟弱で自己陶酔的な痛々しい文字でしか書き残せない。
こういう葛藤も終わりにしたい。
aoku_aruku 5 page of 日記.2
それでも、そのせいにだけはしたくなかった。
これまでの色んなやりたいことが、やろうとしたことが、そのたびにできなかったことの。先延ばしにしたことの。
「それ」を理由にだけは絶対にしたくはなかったから。言い訳にしたくはなかったから。ぐっと口をつぐんで心に閉じ込めて、誰にも相談をせず、頼ることもせず、ただじっと闇が晴れるのを待ち続けていた。
子供の頃に2度経験した、あの晴れ渡る空のような青が闇を照らしてくれるのを、ただじっと7年間待ち続けていた。

しかしどうやら3度目は無いみたいだ。
それともこの先にそれは待ち受けているのかもしれないけれど、その前に僕自身に限界がやってきてしまった。
すっかり待ちくたびれてしまったし、大人になってしまったし、僕は自分自身で「それ」と戦うことを決めた。決着をつけることを決めた。
それが半年前だった。
aoku_aruku 4 page of 日記.2
ずっと前から抱えてる問題の話。

やりたいことは山ほどあって、それはどれも明確で、実現も可能なことばかりなのに。
なにひとつ、とは言わないけれどほとんどが手もつけられないまま積み重なっていて。
本当に山のようだ。
ただしそれは花も咲かない瓦礫の山でしかない。

なにひとつ諦めたわけではないけれど、今までのこれは、真っ暗闇の道に一瞬だけ射す光をひたすらに待ち続けるだけの人生だったように思える。
ここで人生という言葉を使うことを言い過ぎではないと断言できるくらいに、この僕のきっと、この先もこれ以上ないはずの「難題」は、これまでの7年間ものあいだずっと日常的に立ち塞がり続けてきた。

それは毎回。
毎回と言っていいほど、ことごとく邪魔をして。
足を抜けるほど引っ張ってきて。
がんじがらめにまとわりついてきた。
まるで牢獄のように。重たい足枷のように。
それはいまだに名前の付けられない、形容のできない、あえて呼ぶなら「難題」、「問題」としか呼ぶことのかなわない代物だった。
aoku_aruku 3 page of 日記.2
誰の目から見ても正しいと分かりきっていることが必ずしも物事の解決策ではないと、そう少なくない人が知っているように。

客観的には明らかな悪や、わかりやすい間違いが、目に見えて誰かを傷つけている、そんな大勢に届けられるニュースが多過ぎたとして。
そして誰にも気づかれないまま救われた者の報らせが、限られた少数の本当に大切な人にしか届けられないように。

全ての出来事は手に取ることができれば多角形だとわかるのに、一面も二面もそれ以上の数を持っているというのに、月の裏側のようにこの場所から目にすることができないのなら想像でそれを補うしかない。
そしてその想像力こそが、人間にとって最も大切なものだと思う。
月の裏側には何がいる?何がある?
そこは魔法の国かもしれないし、ライオンがコーヒーを飲みながらのんびりと暮らしてだけかもしれないし、宇宙中でヒットしている旬な映画が上映されていたりするのかもしれない。
誰にもその想像を邪魔する権利はない。
この日々はすべてあなた自身のものだ。当たり前だ。
誰かにちょっと分けるくらいはアリだけれど、まるごと渡したり、あげる必要なんかどこにもない。
そしてこういう僕の考えが、誰かにとっては正しかったり。間違いでしかなかったりする。

そんなふうにきっと、この難題の解き方は、一般常識問題は、間違うことがきっと僕にとっての正解なのだろう。
今ならそう、はっきりとわかる。
aoku_aruku 2 page of 日記.2
2015.冬
aoku_aruku prologue of 日記.2
黒髪の重めロング。前髪は気持ちぱっつん。制服はセーラー。

母が処方している薬の空袋を集めるのが趣味。その処方箋袋の名前欄に絆創膏を貼って、中にはお菓子を入れていつも持ち歩いている。
青い洗濯バサミをいくつか常備している。たまにデコ入れもしている。
マイブームはゾンビの物真似。けっこう上手い。白目は苦手でできないので眠そうな細目になってゆっくり動く。それとこれはテンションが非常に高いとき限定だが、やられて倒れてからの這うまでの動きも披露することがまれにある。
触り魔。本人いわく女の子に触れていないと死ぬらしい。さらにSっ気があるのでつねったり、最近ではマイブームの影響からか甘噛みをしては笑っている。よく聞かないとわからないが、声を押し殺しながら「ひひひ」と笑っている。
不謹慎な感情に逆らうことが苦手で、あまのじゃくな自分を嫌っている。親戚の葬式の場でなぜか笑いが止まらなくなったり、周りが楽しそうだと絶対に笑いたくなくなる。いまだに直らない。
友達に笑い方がキモいから直したほうがいいよとよく言われる。言われすぎて慣れている。直そうとは思っていない。「ひっひっひっひっ」若干引き笑い。
リュックを愛用している。扱いはめちゃくちゃ雑。だいたい抱き締めてたり椅子にしたり枕にしたりしているので、中身は悲惨なことに。
aoku_aruku 2 page of Y
ある女子高生の記録
aoku_aruku prologue of Y
その考え方を今さら捨てる気は無い。
大丈夫じゃなかったとき、それこそ、生きることをもう無理だと諦めるほどに心が死んだことが今までの人生のなかで2度あったけれど。
それでも乗り越えられた。
今でも信じられないけれど、乗り越えられた。
永遠に続く闇にしか感じられなかったそれにも、いつかは終わりがあることを知った。

それから先の人生、僕の口癖は大丈夫だよ、になった。どれほど深い暗闇の底にいても、歩き続ければ、希望をどんなに小さくてもいいから持ち続ければ、まったく問題ない。絶対に大丈夫。
大丈夫じゃないことも大丈夫になる。
不可能だと思えることが可能にはならなくとも、不可能なことが不可能なままだとしても、この世界はとても広い。
新しいものが。
見たこともない、知らないものが。
必ず救ってくれる。手を差し伸べてくれる。
身体を支えて、背中を押してくれる。
たったひとつの不可能を、たくさんの新しい可能なことが取り囲んで。
不可能なことが不可能なままだとしても、それはとても小さなものになる。
大切にするべきものを間違えてはいけない、何かを呪う必要もないし、何かのせいにする必要もない。
そう思えるようになったときに、もう大丈夫だと胸を張って言えている。
aoku_aruku 4 page of 日記
そう思って生きてきた。
これからも、そう思って生きていくことに変わりはない。
みんな色んな痛みを抱えて生きている。
それでも明るく懸命に生きている。
もがき続けながら、抗い続けながら生きている。
その姿は本当に魅力的だ。
僕もそうでありたい。
そういう人たちにもっとこれから先も出会いたい。

だけど、そんなふうに思って生きてきたからなのか、自分が大切にしたいと思った人の力に全力でなりたいし、その人のすべてを受け入れたいすべての過ちを許したいと思う反面、自分のこととなるとさっぱりだった。
大丈夫だよ、が口癖だし。助けて、なんて口が裂けても言えない。

僕は自分のことを人一倍楽観的な性格だと思うし、すべてどうにかなる、悲しいことがあったら今日はもう美味しいものを食べて寝てしまえばいい、夜に考え込まずに起きてから、それでもまだ不安な気持ちが消えないのならお日様の下でゆっくり振り返ればいい。
大きな悲しみはそのうち溶けていく。慣れていく。そのうち受け入れることが上手になっていく。色んな楽しい出来事にかき消されていく。過去になっていく。遠くなって、小さくなっていく。

そんなふうにたぶん、忘れたふりをしていたのかもしれない。
見て見ぬ振り。大人になったふりをしていたのかもしれない。
それでいいと思っていた。
だって、大丈夫じゃないことを大丈夫じゃないって言ったって何も変わらないし、それならいっそ大丈夫と言ってしまって前を向いたほうが物事がすべてうまくいくと思っていたから。
aoku_aruku 3 page of 日記

Jump to the previous novels Jump to the previous novels