Jump to the previous page
  • aoku_aruku
  • 2 page

黒髪の重めロング。前髪は気持ちぱっつん。制服はセーラー。

母が処方している薬の空袋を集めるのが趣味。その処方箋袋の名前欄に絆創膏を貼って、中にはお菓子を入れていつも持ち歩いている。
青い洗濯バサミをいくつか常備している。たまにデコ入れもしている。
マイブームはゾンビの物真似。けっこう上手い。白目は苦手でできないので眠そうな細目になってゆっくり動く。それとこれはテンションが非常に高いとき限定だが、やられて倒れてからの這うまでの動きも披露することがまれにある。
触り魔。本人いわく女の子に触れていないと死ぬらしい。さらにSっ気があるのでつねったり、最近ではマイブームの影響からか甘噛みをしては笑っている。よく聞かないとわからないが、声を押し殺しながら「ひひひ」と笑っている。
不謹慎な感情に逆らうことが苦手で、あまのじゃくな自分を嫌っている。親戚の葬式の場でなぜか笑いが止まらなくなったり、周りが楽しそうだと絶対に笑いたくなくなる。いまだに直らない。
友達に笑い方がキモいから直したほうがいいよとよく言われる。言われすぎて慣れている。直そうとは思っていない。「ひっひっひっひっ」若干引き笑い。
リュックを愛用している。扱いはめちゃくちゃ雑。だいたい抱き締めてたり椅子にしたり枕にしたりしているので、中身は悲惨なことに。

aoku_aruku 2 page of Y
(その他, 1 author, 382 views)

Jump to the previous page
How to read this page

If a previous page exists, Jump to the previous page icons will be shown.

Clicking an author's icon between Jump to the previous page icons, you can go back to the previous page.


If a next page exists, Jump to the next page icons will be shown.

Clicking an author's icon between Jump to the next page icons, you can go to the next page.


If you wish to read a novel from prologue, please click a title of the novel,

which is at lower right.

How to read this page
Close this explanation