Send a message Send a message

deroter's novels

recent pages RSS

光一郎に抱きつきこう言った
「あ・い・し・て・る」
憤慨した光一郎はゲイの駅員を殴り飛ばし、そのままホームの端へ走った。
なぜかって?
まずは気分を落ち着かせるためタバコをふかすのが一番だからだ。
しかしホームの端には喫煙コーナーがなかった!
そう、この駅は「完全禁煙」の駅だったのだ!
怒り狂った光一郎は駅長室に怒鳴り込む!!
「駅長出せコラ!!!」
deroter 35 page of ある日休日の出来事
電話がないだって!?
なんてこったい・・・・

電話原理主義者のマードックには全く訳がわからなかった。
例えるならば御寿司屋さんに来たのにかっぱ巻きばかり食べるお爺さんを見たときに近い衝撃だった。

仕方がないのでマードックは一番おしとやかそうなマドモアゼルを外引き寄せ優しくキスをした。
「まあ!素敵なお方(はあと)」
キスした相手はマドモアゼルではなく死んだはずのボニーだった
deroter 26 page of ある日休日の出来事
では助けを借りる事にしよう。
ところでフリーダイヤルどこにあるんだい?
deroter 24 page of ある日休日の出来事
それは光一郎にとって聞き捨てならない台詞だった。
いかに尊敬するジェイムスとはいえとても許せるものではなかった。
怒り狂った光一郎は組織に手術された時から隠していたコブラのようなハイメガ粒子砲をジェイムスに向けて出力全開で撃った。
その刹那ジェイムスの肉体と精神はこの世界から完全に姿を消したのだった。

しかしふとわれに返った光一郎は自分がしでかした事の大変さに後悔することになる。
なぜならそれはジョニーへの裏切り行為だからだ。
ジョニーにどういういい訳をするのがいいのか考えていた光一郎は閃いた。
「そうだ!京都にいこう!」
deroter 33 page of ある日休日の出来事
256MBのメモリを積んだAndoridOSのiPedだった!

「革命的で魔法のようなデバイス。
しかも、信じられない価格で。
iPedならね!」

キャッチコピーもまんざらではなさそうだ。
とそこにすっかり存在を忘れていたジェイムスがやってきた
deroter 31 page of ある日休日の出来事
そんなに欲しいのならこれをくれてやるぜ!
突然クローゼットから現れたのは妻の浮気相手の宗一だった!!
宗一は手に携帯していたバタフライナイフで妻に切りつけたのだった!


だがしかし、ここで思わぬ展開に発展した。
なんと宗一の妹が示談交渉をしてきたのだ!
そんな妻と宗一の話を全く聞いていなかった光一郎はおもむろにポケットからあるものを取り出した
deroter 29 page of ある日休日の出来事
光一郎の目の前で閃光がほとばしる!
「ザオリク!!」

なんと光一郎はドルガス枢機卿の魔法により蘇ったのだった!
そして再度婿養子から養子縁組の手続きを経て正式に家族の一員となったのだった。

そんな折、妻より電話が入る。
「あなた。帰りに買ってきてほしいものがあるのよ」
deroter 27 page of ある日休日の出来事
だがボニーの耳には届かない。
今の彼女を支えているのは他でもない生き別れの兄の存在だけだったからだ。
迷う事がない獣は強い。
今のボニーには壁といえるような問題は何一つない。
まさに人生の頂点に上り詰めたといっても過言ではないのだ!
deroter 24 page of ある日休日の出来事
でもそうも言ってられない事になってきた。
事態は急変している!

「事件は会議室で起こっているんじゃない!TL上で起こっているんだ!」
という考えも一瞬頭をよぎったが実際はそんな事もないのでとりあえず大好きな玉露茶を飲んで気分を落ち着かせるケビンコスナーの前に見慣れた顔が。
「ようケビン!新作の撮影はどんな感じよ?」
deroter 23 page of ある日休日の出来事
D・V・D!!D・V・D!!
deroter 21 page of ある日休日の出来事

Jump to the previous novels Jump to the previous novels