genres

fantasy novels RSS

sangosorano 紫陽花のうた
 さみだれている庭。一雨ごとに、育つ緑がここにある。雨の匂いと土の香り。湿気は、ほんのささいなセンチメンタルも、美しくふくらませる。
 庭を見渡せる屋根付きテラスで午後のお茶をいただきながら、私はいつの間にか、うたたねをしていたらしい。
   ◇
 私の白いエプロンの裾を引くものがある。
 なんだろう。
 見るとそこには、羊がいた。掌に乗りそうなミニチュアの羊の群れに、取り囲まれていた。
 みな、 ...
1 pages (1 author, 1364 views The author wishes to write this novel alone.)
Justin_YouLove Notas de un ilusionado.
Sus ojos reflejaban la tierra como si fuera el paraíso, pero de un instante a otro todo muere, aunque quieras evitarlo, la muerte no devuelve lo que ya se ha apropiado. ...
6 pages (1 author, 5346 views The author wishes to write this novel alone.)