genres

poem novels RSS

sangosorano ブーケ
花を買った

あまりにぎやかでない花
香りが優しい花
すぐには枯れない花

「生花ですから、いつかは枯れますけど」
そう言って
花屋は笑った

薄紫ののスターチスと
黄色いガーベラと
白いカスミ草を
くるくると器用にとりもって
ブーケにしてくれた

みっつの花は
まるであたかも最初から
ブーケになるはずだったような
バランスを保って

病院までの道すがら
ポカリポカリと
秋の雲を
話し相手になんか...
1 pages (1 author, 1635 views The author wishes to write this novel alone.)
sugimorigimori saccharine
One day,I met a robin
while singing on a cloud.
he asked me to
"Where did you go?"
I said,"endlessly,endlessly."
then I started to singing again
and again,again,again
eternally,eternal...
2 pages (2 authors, 2576 views)