twitnovels: recently updatedhttp://www.twitnovels.com/updatedrecently updated novels日記.2http://www.twitnovels.com/novel/1059450032015.冬日記http://www.twitnovels.com/novel/1085050092015年.秋「時代がキルミーに追いつくまで未来に行くんだ」http://www.twitnovels.com/novel/9513506022世紀の米国に、時間旅行をしようとする若者がいた。 「時代がキルミーに追いつくまで未来に行くんだ」 恋人は必死になって彼を止めた。 「私のこと愛してないの?」 時間旅行は一方通行。未来へ行けば二度と戻って来れない。 「ひみつだよ。でも君もやるならカモカモ」 若者は恋人を振り切って時間旅行へと出かけた。 24世紀ーまだ時代はキルミーに追いついていなかった。 32世紀ーまだ時代は追いついていなかった 59世紀ーまだ時代は・・・ 時間旅行の弊害か、はたまたいつの間にか時間が経っていたのか、いつしか若者は老人となっていた。 686世紀ーそして老人は気づいた。 「そうか・・・キルミーは三次元平面に囚わその他小説http://www.twitnovels.com/novel/93465002その他プロローグrepeat MUSIChttp://www.twitnovels.com/novel/88845003 一樹×蛍都 #学生戦争二次創作企画 ※※BL注意※※貴方と離れた一室の扉http://www.twitnovels.com/novel/37465001test♥♥♥♥♥http://www.twitnovels.com/novel/29735001「悪い、今日サッカーの助っ人頼まれた」 またか、頭を下げてる姿すらかっこいいなぁ、なんて、ぼんやり考えながら歌川くんの頭を見つめた。 スポーツも勉強も出来て、ただでさえ常に周りに人がいるような彼は、ボーダーとして活躍していることもあり、なかなか一緒にはいられない。 頼もしくて優しいところも彼の魅力で、人気があるのは仕方ないことだと思う。 だから、こうやって話して、気にかけてもらうだけでも充分に贅沢なことなのだ。 それは、分かってるのだけど。 「……ごめんな、あんまり一緒にいられなくて」 不満が顔に出ていたのか、再び謝られてしまった。 別にいいよ。そんな歌川くんが好きなんだから。 本心の中から、ガンダムビルドファイターズ-R-http://www.twitnovels.com/novel/28335001(本文無し).http://www.twitnovels.com/novel/18865003sshttp://www.twitnovels.com/novel/16245020ためしに